サイトメニュー

原因と治療法を知る

女性

様々な要素があります

病気にも色々な種類があり、精神面の不調で悩む人は少なくありません。特にうつ病は精神疾患でも代表的なもので、多くの人が治療を受けています。うつ病の改善のためにはなぜ病気になるのかその原因を知っておきたいですし、再発も多い病気ですので、改善してからも再発しないよう予防する必要があります。うつ病になる原因はひとつだけではなく、様々な要素があるとされています。家族にこうした病気の人がいるという場合は遺伝的な要素も考えることができますし、もともとの性格や考え方のクセが病気になりやすい要素を作っている可能性もあります。さらに精神的なストレスや環境の変化がきっかけとなることも考えられます。それから神経伝達物質の機能が低下して感情をうまくコントロールできなくなるという場合もあります。うつ病はつらい症状ですが、適切な治療を行えば良い改善が期待できます。放置しているとさらに悪化してしまう可能性もありますので、不調が長く続いている場合は心療内科や精神科に相談してみることがおすすめです。治療では薬が投与されることが多いですが、気分が良くなったからと自己判断で薬を止めてしまうと再発してしまう場合もあります。それゆえ、医師の指導を守り正しく治療を続けて行くことも大事です。それから、ストレスが発症のきっかけになることもありますので、過剰にストレスをためずにうまく発散させること、悲観的になる考え方のクセを改めることも予防に役立ちます。体を適度に動かすこともストレス解消に役立ちますので、運動を取り入れることもおすすめです。うつ病は正しい治療を受ければ早期に改善することも期待できます。心療内科や精神科で治療が行われていますが、病院が行っている治療はどんなものかも知っておきたいところです。まず、うつ病を改善するためには、しっかりと休養を取ることが大事です。医療機関では通院による治療が中心で、薬物療法はよく選ばれている方法です、投与される薬は抗うつ薬や向精神薬などですが、こうした薬は脳内で不足しているドーパミンやセロトニンを増やすのに役立ちます。そして不眠が強い場合は睡眠剤が処方されることもあります。うつ病にも多くの種類がありますし、症状も人それぞれ違いがあります。さらに体質で合う薬と合わない薬もありますので、診察を行い、それぞれに合う薬が処方されることとなります。うつ病の薬は副作用があるからと躊躇する人もあるかもしれませんが、最近ではより副作用の弱い薬も登場しており、利用しやすくなっています。薬は良い改善が期待できますが、すぐに結果が出るわけではありませんので、根気よく治療を続けることとなります。そして良い効果を実感できてからも再発を防ぐためにはすぐに投薬をやめてしまわずに、ある程度の期間は治療を続けていくことも大事です。最近は薬を使わない治療を行う医療機関も増えており、カウンセリングや心理療法、さらに行動療法などが行われています。こうした薬を使わない治療は、投薬と並行して行われることも多くなっています。うつ病の治療は通院で行われることが多いですが、かなり悪化している場合や通院だけでは良い改善が得られない場合は入院で集中的に治療が行われることもあります。

Copyright© 2018 うつ病の症状の重さを知り必要な治療を【入院の必要性の有無で判断】 All Rights Reserved.