サイトメニュー

症状がでないような生活

男性

サポートの重要性

うつ病は症状が改善してきても完治させることは難しく再発をする可能性が高い病気です。そのため一度でもうつ病になった場合には、その後再発をさせないような取り組みを行う必要があります。この病気は脳内環境が変化することで発症すると考えられていますが、生活習慣の影響を強く受けることがわかっています。睡眠不足や不規則な食生活などが続くと、体が不安定な状態になるので再発の危険が高まりますし、精神的なストレスも発症要因のひとつです。ストレスを完全になくすことは不可能なので、ストレスを受けた時には上手く発散をするなど抱え込まないようにすることが大切になってきます。この時に体の状態が不安定だと、ストレスの影響を強く受けやすく、再発のリスクも高くなります。ストレスを受けた時には十分な睡眠と休息をとることがストレスの解消に役立ちます。そのようにして、日々のストレスが大きくなることがないようにしていくことが大切で、何か症状が起きてから対処するのではなく、症状が起きないような生活を送ることが重要です。そのためには自分自身の体調についての感覚を常に持つようにし、自分が疲れていないか、過度のストレスを感じていないかなど、客観的に見つめることで早めに対処できるようになります。生活習慣は最適な形は人によって違いますが、予定を詰め込みすぎずに余裕を持てるように調整することも忘れないようにしましょう。必要があればかかりつけの医師に相談をして、診断書などを出してもらい、職場の理解を得るような努力をすることも大切です。うつ病になった人が治療を行ったり、再発を防ぐための生活を送るためには、周囲のサポートが非常に大切です。うつ病になっても症状が軽いうちは自分の身の回りのことは自分で行うことができますが、症状がひどくなると布団から出るのが難しくなることもあります。そのような時には、1人で治療を続けることも難しくなりますし、生活をしていくことさえ困難になるかもしれません。家族のサポートがあって初めて十分な治療が受けられることになるので、周囲の人同士で協力をしていくことが大切です。家族にも、それぞれの事情があるのですべてを抱え込まないようにして、何人かのチームでサポートすることができるのが理想です。サポート役が1人だけしかいないとサポートをする側も疲れてしまうので、家族が少ない場合には社会的なサービスを利用するなど、工夫して生活面を計画していきましょう。また生活に関することだけでなく、精神的なサポートも非常に重要です。会社などでストレスを受けた時には、家に帰って家族と話をするだけでストレスが軽減されることがあるでしょうし、家族が本人を注意深く見ていることで、再発の兆しがあることに気づけることもあります。自分自身では変化に気付かないことがあるので、家族が毎日様子を見ることは重要なことです。もしも、様子がおかしいと感じた時には、休息を勧めたり気分転換を行えるようフォローしていけば、再発を起こす可能性を減らすことができます。1人ではそこまですることが難しいので、治療をしている間はもちろん、再発の危険が高い時期には家族のサポートをしっかりと受けるようにしましょう。

Copyright© 2018 うつ病の症状の重さを知り必要な治療を【入院の必要性の有無で判断】 All Rights Reserved.