サイトメニュー

特徴を知って早めの対策を

医者

早期に気付いて対策を

一般的にA型の方はうつ病のリスクが高いと言われており、真面目・几帳面・空気を読むなどの性質を持っているのが特徴です。なんでも自分で背負い込んでしまう人は疲労・ストレスが溜まりやすく、心に大きな負担を与えることになります。常によい人であろうと努力するのは素晴らしいことですが、自分自身に大きな負担をかけるデメリットがあります。人から頼みごとをされると断れない人、常に人の顔色ばかり気にしている人などは、うつ病になりやすいと考えてよいです。疲労やストレスが慢性化してくると自分自身で気づくことが難しくなり、その状態が本来の自分だと錯覚するようになります。健康的にまったく問題がないと自分では考えているわけですが、心は相当なダメージを受けているケースが少なくありません。自律神経が乱れてくれば精神状態は不安定になり、寝不足によりさらに体調は悪化していくでしょう。うつ病を防ぐためには心の疲労にいち早く気づくことが大切なので、自分の身体に正直になることが大切です。責任感が強いのは仕事を進める上で役立つスキルと言えますが、融通性が効かないことを意味しています。臨機応変に対応できない、嫌なことを嫌だと相手にハッキリと言えないという方は特に注意してください。自分に負担をかけるほど精神疾患のリスクは増加するため、こまめに息抜きをすることも大切です。早寝早起きやストレス解消を徹底しても状況が変化しないときは、精神科や心療内科で検査を受ける必要があります。自分ではまだ大丈夫と考えていても、専門家が診断するとうつ病だと判断されるケースは少なくありません。精神的に不安定な状態がずっと継続するとうつ病の発症率が高くなり、不眠や食欲減退などの症状が見られます。倦怠感を覚えるのも特徴で何をしても楽しくないと感じたり、常にだるさを覚えたりします。好奇心が急に減退してきた場合も要注意であり、外出を極度に避けるような状況もうつ病の可能性大です。集中力や思考力なども著しく低下してしまうので、ぼーっとすることが増えて仕事のミスも増えてきます。今までの自分と何か違うと感じるようになったら、心身のバランスが正常ではないと考えてみましょう。その日によって気持ちに変化があるのが人間ですが、その度合いが極度になった場合は精神状態は不安定になっています。例えば昨日は楽しい気持ちで過ごせたのに、今日は常にイライラするという状況はよく見られます。生きているのが楽しくないという極端な思考に陥ってしまったら、精神科や心療内科で診断を受けてみましょう。早期の段階で気付くことにより早期改善が可能になり、結果的に社会復帰を早めて経済的損失を抑えられます。場合によっては休職するように医師から告げられることがあるので、その場合は指示に従うのが得策だと言えます。うつ病の多くは仕事のストレスにあることが多いので、働きながら改善していくのは簡単ではありません。休職をしてゆっくりと心を休めていくことで、気持ちが前向きになっていくはずです。うつ病を放置すると肩こり・頭痛・胃痛などの症状を招くこともあるので、原因不明の痛みに悩んでいる方も医療機関で診断を受けてください。また男性であればED、女性であれば月経不順などの症状が出ることもあり、体調の不安定からうつ病だと気付く方もいます。

Copyright© 2018 うつ病の症状の重さを知り必要な治療を【入院の必要性の有無で判断】 All Rights Reserved.